PAGE TOP

どうしても子供が欲しいんです!

TOPPAGE > 私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続け

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続け

私は第一子を妊娠中ですが、それまで不妊治療を続けていました。不安に思い始めたのは結婚から2年目くらいですね。基礎体温はつけていたんですけど、ぜんぜん妊娠できなくて、義妹や姉のところに子供ができると、焦るやら、落ち込むやらで大変でした。検査は夫婦二人とも受けましたが、原因は私の方にありました。担当医の指導を受けて排卵誘発剤を使ったのですが、嬉しいことにそう時間をおかず妊娠することができました。ストレスも原因だったのかなと思います。早めに受診するべきでしたね。ビタミンの一種である葉酸は、妊婦が摂取することで赤ちゃんの先天的な障害(神経管異常など)を発症するリスクが下がるという事が科学的な研究によって、明らかになっています。このような研究結果から、妊婦が葉酸を積極的に摂ることを厚生省が推奨しているんです。今では補助食品や葉酸サプリメントも多数販売されており、葉酸が多くの方にとって必要不可欠な栄養素だという事が分かります。また種類によってはトクホ(特定保健用食品)に指定され、私の周りでも、実際に妊婦さんが利用しているというケースが多いです。妊活中には、普段から飲む機会の多いお茶にも気を配りましょう。一般的に、妊活に効果があると言われるお茶はタンポポ茶やルイボスティーが良いそうです。これらはカフェインが含有されていませんので、いつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児にも負担のかからない、優しいお茶だという事が分かります。中でも鉄分を含有しているルイボスティーは、飲むだけで貧血を改善できるという話ですから、妊娠が分かってからも、積極的に摂取したいお茶だという事ですね。金銭的負担が大きい不妊治療ですが、精神的な疲労も相当なものです。行政からの助成金があるものの、ある程度の年齢(40歳前後)から支給回数が減らされる場合がほとんどです。その年で諦めろということでしょうか。むしろ40だからこそ、治療回数も増え、助成も必要なのではないでしょうか。実は私自身もすでにアラフォーですので、見捨てられたような寂しい気持ちで、これではいけないと思うのですが、何も手につきません。妊活中は、普段の食生活から摂取できる栄養に注意されている方が多いですよね。不足しがちな栄養素についてはサプリで補給するが良いと思います。妊活中において、体調を整えることを目的としたサプリは、多くの種類がありますが、中でも、葉酸を含んだサプリを選ぶことが大切でしょう。葉酸が持つ効果としては、貧血を予防する効果がありますし、胎児の正常な細胞分裂に働きかけ、先天的障害を発症しにくくするという効果があります。それと、あまり知られていませんが、男性の精子の染色体異常を軽減してくれる効果があります。ですから、夫婦どちらに対しても多くの効果が見込めるサプリだという事です。不妊の要因としては、受精卵が着床しにくくなる子宮着床障害や、排卵がスムーズでないといった女性の方での問題と、極端に精子の数が少ない無精子症や性機能障害といった男性側に原因があることとが考えられるでしょう。ただ、原因を一つに絞る考えは現実的ではありません。きちんと不妊に対策を講じようと思ったら、男女ともに検査を受けることが、とても重要な意味を持つのです。妊娠してから栄養指導を受けたり、母親学級で指導された方も多いと思います。こうした場で、葉酸を多く含んだ食材についても説明を受けたのではないでしょうか。皆さんがご存知のように、葉酸を多く含んだ食べ物として、一番に声が上がるのがレバーだと思います。ほうれん草などの野菜にも、多くの葉酸が含まれています。食べ物を調理して葉酸を摂取しようとする場合は、葉酸が加熱によって失われやすいというリスクを理解し、摂取するようにしましょう。妊娠しにくいと思うなら、冷え性を疑ってみるのも良いかもしれません。体温低下で血行不順になると食事から摂る栄養素が体に有効に行き渡らず、排卵障害が起きたり、子宮機能が低下することが知られています。こういった症状の改善には昔からお灸が使われてきました。血行を良くして、自然な代謝を促進し、施術中のリラックス効果もあるのが魅力です。冷え性を改善して赤ちゃんのために体の中を温かく作り変えましょう。「妊娠と言えば葉酸」というように、この二つは切り離して考えることは出来ません。なぜかと言うと、葉酸が、胎児の健やかな成長に働きかけると言われているからです。当たり前ですが、妊活中であったとしても例外ではありません。妊娠が発覚した後で、慌てて葉酸を摂取しても間に合いませんから、適した母体で赤ちゃんを授かることが出来るように、妊活中から葉酸を摂るように心掛けることをお勧めします。妊娠初期の女性に欠かせない葉酸は、細胞の分裂を促進し、造血に必須の栄養素です。この作用は妊娠にも有効で、子宮の状態を改善して着床しやすくし、妊娠確率が上がるのです。タイミング療法と合わせれば更に効果も出やすいでしょう。そのうえ造血作用で新鮮な血液が増産されると新しい血が体の隅々に栄養と酸素を届け、ホルモン、代謝、生殖機能といった広い範囲で向上が見られ、不妊状態を改善するのにとても有効なのです。妊娠しやすい体を作る食べ物は、手近なところでは豆腐・納豆、魚といった和食の基本的な食品でしょう。ほかにも卵、ごま、レバーがありますが、野菜ではブロッコリーが良いですね。妊娠に必須の栄養が多いので、意識して摂取していきたいですね。全体的にはバランスよく様々な食品群の中から栄養を摂ることが理想的な食生活というのに変わりはありません。その一方で、冷えやすい飲料や食料は妊娠を妨げるので避けたほうが無難です。妊娠中に大切な栄養素は様々にありますが、近年では特に「葉酸」が知られるようになってきました。水溶性ビタミンの一つである葉酸は、妊娠中の十分な摂取によって、神経系障害といった先天的な障害の発症リスクが低減されたという報告があるのです。1日に摂る葉酸の推奨される摂取量ですが、厚生労働省によると、一日当たり0.4mgの葉酸の摂取が最も効果的であると勧告しています。この数値は受胎直後からの推奨値ですので、受胎直後から赤ちゃんが健やかに成長するように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、積極的に葉酸を摂るよう、意識してみましょう。葉酸についてですが、今では産婦人科においても、妊婦への摂取が勧められているんですよね。病院や産婦人科の診療方針によっては、サプリメントのサンプルを妊婦さんに渡している場所もあるそうですから、葉酸がいかに妊婦にとって有益なのかが分かると思います。ですが、妊娠中に葉酸を摂取しなかった方もいらっしゃいますよね。もし、葉酸摂取の不足を心配されている方も安心してください。ビタミンB群に属する栄養素である葉酸は、青菜類(ホウレンソウなど)や肉類にも多く含まれていますから、普段の食事でも多少は摂取できているという事ですね。妊娠を希望する多くの方はご存知だと思いますが、妊活において最も影響があるものと言えば、食事ですよね。妊活をしている方ならば、いつでも妊娠する可能性があるわけです。妊娠したと発覚する以前から、健康的な食事を心がけるようにしてください。中でも葉酸は、妊娠初期には十分に摂取してもらいたい栄養素のひとつです。妊娠検査キットで妊娠が分かる以前から新しい命がおなかの中で成長を始めています。いつ妊娠するのか、それは誰にも分かりません。いざ妊娠した時に十分な栄養で満たされているように、なるべく早い時期から十分に葉酸を摂取できているというのが、胎児にとってもママにとっても適切な妊活だと言えますね。胎児の先天性障害発症リスクを抑えるために、妊娠前から妊娠初期にかけて、サプリメントによる葉酸摂取がお勧めです。効率的な摂取のタイミングは、食事の後、30分以内にサプリを飲むようにするのが良いでしょう。食事で摂れる栄養素が、サプリによって補給された葉酸に作用することで、葉酸も効率よく働けるという訳です。それでは逆に、空腹時に葉酸サプリを飲むと、どのような作用があるのでしょうか?空腹時の摂取は葉酸の働きが鈍くなるばかりか、食欲不振や吐き気などの、胃の不快症状を訴える方もいるので、サプリの用法を守り、食後の摂取を心がけるようにしてください。妊娠を希望している方や、妊娠を計画されている方に知って頂きたい話なのですが、この時期に気を付けるべき栄養素として、亜鉛が妊娠に重要な役割を与えています。亜鉛不足に陥らないよう気を付けてください。亜鉛が卵巣に働きかけ、卵子が健康的に成熟するために、必要不可欠な栄養素であるからです。妊活中の女性以外にも、妊活中の男性にも効果があります。それは、亜鉛の摂取によって健康的な精子の増加を助けてくれるんですね。妊活中のご夫婦ふたりで、十分な亜鉛摂取に取り組む事を始めてみるのが良いと思います。葉酸を摂取する妊婦の方へ、少し気を付けていただきたいことがあります。葉酸を普段の食生活で賄うために、葉酸の含有量の多いほうれん草、貝類、レバーなどの食材を、普段の食生活に取り入れるようになったという女性もいらっしゃると思います。実は、葉酸というものは水溶性で熱に弱く、調理のために加熱することで葉酸が流れ出して無くなっていることもあるため、総合的な摂取量としては足りていないかもしれません。妊婦さんや、妊活中の女性に一度は試して頂きたいのが、ピジョン株式会社のサプリだと言えます。ピジョンの葉酸サプリについて調べてみると、数種類の葉酸サプリが売られていますが、大抵の商品が葉酸だけではなくカルシウム・鉄分・ビタミンなど、妊娠期間中に欠乏しやすい成分が一錠のサプリに詰め込まれていますから、適切な量の栄養素を手軽に摂取できます。こうしたサプリを利用すれば、カルシウムのサプリやビタミンのサプリ等、複数のサプリを複数服用しなくても良いので、楽に栄養が摂れるので嬉しいですね。ご自身が不足している栄養素を補うことの出来る成分が入ったサプリを選ぶことが、葉酸サプリの有効な使い方だと言えます。葉酸の摂取期間についてお話しします。皆さんご存知のように、葉酸の摂取は妊娠前から妊娠3か月まで期間において重要であると厚生労働省が発表しています。ところで、妊娠後期の妊婦には葉酸が必要ないのでしょうか。確かに妊娠後期における葉酸摂取は、妊娠初期ほど言及されていません。ですが全く摂らなくなっても良いのかというとそんなことはありません。胎児が先天的な障害を発症する可能性を抑えてくれる、という葉酸の効果だけを見た場合に、妊娠初期が大変重要な期間という事ですので、妊娠期間中のなかでも、特に妊娠初期の段階での葉酸摂取を意識しようという事なのです。葉酸も、摂りすぎてしまうと副作用が出てしまいます。例えば寝つきが悪くなったり早くに目が覚めてしまうといった不眠症の症状や、食欲不振や吐き気などの内臓疾患、あるいはむくみなどです。特に妊娠初期の方は、体調や栄養を気になさると思いますが、かえって過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、適切な摂取を心がけるようにしましょう。一番理想的なのは、バランスのとれた食事による葉酸の摂取なのですが、数か月に渡って毎食毎食バランスの良い食事を準備するのも難しいと思います。そうした時にサプリを利用すれば、一日に葉酸をどれだけ摂っているのかすぐに分かりますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には大変便利だと思います。みなさんご存知のように、妊娠初期の女性にとって、最も大切な栄養素が葉酸だという事をご存知ですか?赤ちゃんが健やかに育つように、例えばサプリメントなどを活用しながら葉酸の摂取を怠らないようにしましょう。ところで、理想的な葉酸の摂取量はどれほどなのでしょうか。厚生労働省の発表によりますと一日に0.4mgを摂取する必要があるみたいですね。野菜だけで十分に摂取できるかというと、大変だと思います。足りない部分はサプリで補うのが効果的な摂取方法だと言えます。「妊活」という言葉から想像できることと言えば、基礎体温の検温や体調の管理など、主に女性がするものだと考えていませんか?もちろん、女性が行うべき妊活も沢山あります。しかし、実は、男性にもぜひお勧めしたい妊活があります。それと言いますのも、葉酸を十分に摂るという妊活なんですね。流産や不妊におけるリスク要因は女性の問題ばかりでなく、男性側の問題だというケースもあります。原因はさまざまにありますが、中でも精子の染色体異常については、着床率を下げるという報告があります。葉酸にはこれらの染色体異常を低減し、高品質の精子をつくるという働きがあります。そのため、男性も葉酸を十分に摂って、妊活をすすめてみましょう。仲良くしている友人が妊活を頑張っていた頃、薬のようなものを飲んでいたので、「妊活中に薬を飲んでもいいの?」と聞くと「漢方だよ」と教えてくれました。彼女が言うには漢方には、妊娠しにくい体質を改善させる効果があるようでした。妊活中は薬を控えた方が良いと聞いていましたが、漢方であれば安全性が高いのではないでしょうか。彼女が飲んでいた漢方が効いたのか、赤ちゃんを授かることが出来たそうですから、みんなでお祝いを計画しています。InfoTip=このフォルダはオンラインで共有されています。不妊体質を改善するために、普段の食生活の見直しも重要なことだと思います。栄養をもとに卵子も精子も作られているので、不健全な食習慣の下では充分な活動量を持つ精子や卵子は、望むほうが無理なのではないでしょうか。育児は体力勝負と言いますが、妊娠は健康が大事です。偏らない、健全な食生活を維持していけば、やがて良い結果が得られるでしょう。葉酸は、妊活中や妊娠初期の女性に不可欠な栄養素だという事は、みなさんご存知かと思います。しかし、どれだけ大切な栄養素だからといって、過剰摂取は禁物ですから、一日の適切な摂取量を守って下さい。これは、特にサプリや健康補助食品を利用されている方に知っていただきたいのですが、こうしたものは、普段の食事から得られる葉酸よりも、はるかに高く入っているため、既定の容量をきちんと守り、正しい摂取を心がけてください。実際に葉酸を摂りすぎると、どのような影響が出るのでしょうか?葉酸の過剰摂取は胃腸がダメージを受けるため、食欲不振や吐き気などの副作用が出ることがありますから、注意してください。他には、胎児が喘息を発症するといった報告があります。葉酸はあなたも知っての通り、妊娠を希望する方や妊娠中の女性にとって不可欠な栄養素です。ですが、妊娠において必要となる栄養素は、葉酸だけでは無いですよね。さらに、葉酸単体での体内利用率は低く、それ自体では効果が働きにくくなってしまうため、サプリを選ぶ際のポイントとしては、ビタミンやミネラルといった、妊娠初期に欠乏しやすい栄養素を複数配合されたサプリを選びましょう。具体的には、25種類前後の栄養素が含まれたサプリであれば適切に栄養素を補給することが出来るでしょう。このようなサプリは、妊娠中の方だけに必要なものだと考える方もいらっしゃるかと思いますが、サプリの摂取によって妊娠しやすい体がつくられますから、妊娠を計画している女性はサプリの利用を考えてみてくださいね。妊婦にとって大切な栄養素は幾つかありますが、その中でも近年注目を浴びている葉酸や、不妊との関係も指摘されている鉄分は、共に不足しやすいという共通点があります。普通の食生活で推定される摂取量では、適切な量の摂取が難しいとされています。ですからサプリメント等の栄養補助食品で補給するのがおススメですね。葉酸と鉄分、どちらも入ったサプリも開発されています。このようなサプリを飲めば不足しがちな成分を、簡単に摂取できるという訳ですね。妊娠が発覚した後、葉酸の摂取を心がけるようになったという方が多いのではないかと思います。では、赤ちゃんを無事に出産した場合には葉酸の摂取を止めても問題ないのでしょうか。胎児の成長のために葉酸を摂取されている、という場合は、妊娠期間中に絞って摂取するというのも構いません。ですが、葉酸は妊娠中の母胎をサポートしてくれるだけでなく、普段の生活においても身体のバランスを整えてくれるなどの効果が期待されていますから、赤ちゃんを産んだ後も、葉酸を摂取し続けることが健康の手助けとなってくれますから、ぜひ出産後も葉酸の摂取を続けましょう。妊娠に不可欠な栄養素として有名な「葉酸」は、色々な食品に含有していますが、水溶性ビタミンであるために、熱に弱いという側面を持っています。ですから、調理法にちょっとしたコツがあります。具体的には、なるべく火を使わずそのまま食べられる方が良いのですが、食材の種類によって加熱調理が避けられない場合には加熱時間を短時間にしてサッと熱を通す程度にした方が良いです。こうした調理や食事が負担だと考える方は、サプリによる葉酸摂取が手間がかからず良いと思います。

関連する記事

メニュー

Copyright (C) 2014 どうしても子供が欲しいんです! All Rights Reserved.